トリグリセリドの量が高まる元凶とは?

暮らしのパターンが痛烈にかかわります。

中性脂肪の値が高くなる元凶には、重視すべき以下のようなものが所在しています。

  • ・大飯食い
  • ・過剰飲酒
  • ・有酸素運動が足りない
  • ・遺伝的気質

中でも特に深く関係しているのは、カロリーの摂り過ぎとカロリー消費不足です。

過食で行き過ぎたエナジーが摂取されたり、活動不足でcalの消費量が不足していると、冗多なエネルギー量は中性脂肪(トリグリセリド)に改変され、皮下や体の臓器周りのFat cellに蓄えられます。

深酒は、中性脂肪を生分解するLipoprotein lipaseという消化酵素(Digestive enzyme)の働きを縮小させるので、中性脂肪値を増加させるのです。

また、アルコールをガンガン飲むと飯がうまく感じるので、うっかり大食してしまう不摂生も回り回って脂肪分を蓄積する原因に関わっていきます。

先天的気質によっての成行きが30パーセント、食べ物のことといった暮らしの習慣の成り行きは約七割と言えるのです。

往々にしてのモデルで暮らしのパターンを見直すなら、中性脂肪の値の自制が不可能ではありません。

Pages:
Edit